外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

家の外観デザインを一気にセンスアップさせてくれるのが、壁飾りや妻飾り、面格子やフラワーボックスなどのウォールアクセサリーです。外壁リフォーム時なら取り付けは簡単。小さなアクセサリーで、我が家をおしゃれに変身させましょう。

ウォールアクセサリーで外観がおしゃれに変身!外壁リフォーム時なら取り付け簡単

外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

外壁リフォームの際、壁飾りやフラワーボックスなどのウォールアクセサリーを取り付けると、外観にメリハリが生まれ、我が家のイメージが一新します。

外壁リフォームの際に、小さなウォールアクセサリーをプラスすれば、外観イメージが一新!おしゃれな雰囲気になります。ウォールアクセサリーとは、外壁や窓まわりに取り付ける飾りのことを言い、欧米の住宅ではお馴染みの住宅部品です。

ウォールアクセサリーには、壁面に取り付ける壁飾りや妻飾り、面格子、フラワーボックス、飾り枠や飾り雨戸などがあります。

ファッションでもベルトやネックレスをひとつ付けるだけでイメージが変わるように、ウォールアクセサリーは小さくても存在感があり、我が家ならではの個性と華やかさを生み出して、外観を美しく引き立ててくれます。

外壁リフォームでは足場を架けるので、その際に取り付けを行なえば工事は意外と手軽にできます。小さなアクセサリーの追加で、我が家を更におしゃれに変身させましょう。

小さくても存在感がある壁飾りや妻飾りで、エレガントにそしてモダンに壁を装って

外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

外壁に妻飾りやフラワーボックスを取り付けると、一気に華やかな雰囲気に(シャローネ壁飾りエレガント/YKK AP)

こちらの写真はエレガントなデザインの妻飾りです。壁飾りは壁面にデザインのアクセントとして取り付けるもので、中でも屋根で三角形に切り取られた外壁部分に飾るものを妻飾りと呼んでいます。

妻側(主に家の短手方向)の壁面はどうしても殺風景になりがちですが、妻飾りを取り付けることで外観デザインにメリハリを生み出し、華やかな雰囲気になります。

壁飾りはデザインのアクセントにするものですから、他にも玄関ポーチの上部、窓の下、バルコニーの手すり部などに取り付けるのもステキです。

こちらはYKK APのシャローネ壁飾りエレガントです。このような飾りはスチール製が多いのですが、こちらはアルミ鋳物製なので、重厚感がありながら、錆による壁面の汚れやシミの心配が無いのがメリットです。色はホワイトとカームブラックの2種類あるので、家のデザインに合わせて選びましょう。

上手に取り付けるコツは、家全体をトータルでコーディネートすることです。同じシリーズで面格子、フラワーボックス、フェンスや門扉などもありますので、デザインを合わせて選ぶことで、外観に統一感が生まれます。

外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

玄関まわりのアルコーブ(くぼみ部分)に取り付けることができる壁飾りもあります(シャローネ壁飾りエレガント/YKK AP)

これまで壁飾りや妻飾りというと、欧米の住宅で見られるような曲線を基調とした、クラシックでエレガントなタイプが多かったのですが、最近では住宅デザインの多様化に伴い、モダンなデザインの壁飾りも増えています。

モダンなデザインの壁飾りは、直線や円形などシャープなラインが特徴で、シンプルなフォルムの住宅デザインをスタイリッシュに引き立ててくれます。

こちらの写真は、シャローネ壁飾りシンプルです。色はプラチナステンとカームブラックの2種類があり、様々な組み合わせが可能なので、オリジナルな壁飾りが作れます。

どんなアクセサリーをどこに取り付けるか、考えるのはとても楽しいもの。外壁リフォームの際には、ウォールアクセサリーをプラスして、我が家ならではの個性を演出しましょう。

外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

モダンな住宅によく似合う壁飾り。我が家ならではの個性が演出できます(シャローネ壁飾りシンプル/YKK AP)

スタイリッシュな面格子を取り付ければ、デザインも機能も大幅アップ

外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!
外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

高級感があるロートアイアン調の面格子。面格子は意外と目立つので、デザイン性の高いものを選ぶのが我が家をステキに見せるコツです(シャローネ面格子/YKK AP)

外壁リフォームで一緒に取り付けておきたいのが、小窓の面格子です。最近小窓からの空き巣の侵入や、台風による窓の割れの被害をよく聞くようになりました。面格子を取り付けておくことは、防犯や防災にも役立ちます。

その際には、ぜひ品質とデザインにこだわって。面格子は意外と目立つので、どんなデザインのものを取り付けるかで、家全体のイメージが変わってしまいます。

こちらはロートアイアン調の面格子で、アルミの鋳物ならではの味わい深さと重厚感があります。こんなデザインの面格子なら、家の高級感も更にアップ!我が家のステキなアクセントになります。

本格的に防犯や防災対策をしたい場合は、専用の面格子があるので、目的に合わせて選ぶといいでしょう。

フラワーボックスで四季折々の花を楽しむ暮らし。ヨーロッパの街並みのような我が家へ

外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!
外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

窓辺を花や緑で彩るフラワーボックスは、デザインの種類が多いので、外観のイメージに合わせて選べます。壁飾りや面格子とコーディネートすれば、更に統一感が生まれます

家の外観に潤いを添えてくれるのが、フラワーボックスです。フラワーボックスとは、窓下に取り付ける花台のことを言います。色とりどりの花々が外壁面に飾られているヨーロッパの街並みの風景を、ご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。

フラワーボックスには、育てる楽しみ、見る楽しみ、そして家を装う楽しみがあります。取り付けることで、四季折々の花を窓辺で楽しみながら、その花が家の自然のアクセサリーとして、外観を彩ってくれます。

フラワーボックスにも様々なデザインがあり、他のウォールアクセサリーや、門扉、フェンスなどとトータルでコーディネートできます。

ウォールアクセサリーには、他にも窓飾りや後付けの庇もあります。外壁リフォームの際には、アクセサリーも一緒に選んで、我が家を華やかにおしゃれに変身させましょう。

 

 

著者プロフィール

外壁リフォームの時に取り付けたいウォールアクセサリーで、家の外観がおしゃれに変身!

Yuu(尾間紫)
一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター/マンションリフォームマネジャー

長年リフォーム業界の第一線で、数多くの住宅リフォームの相談、プラン設計、工事に携わってきた経験から、本当に価値あるリフォームについて皆さまにお話します。過去を繕うものではなく、未来の暮らしを創る「リライフのリフォーム」を提唱。実践的なリフォームのノウハウを、テレビや雑誌、新聞連載、講演などを通して発信中です。著書に『リフォームはこうしてやりなさい(ダイヤモンド社)』など。Webサイト「リフォームのホント・裏話」(http://www.ne.jp/asahi/net/rehome/)でリフォームの実践的なノウハウを公開中