【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

【築45年の住宅リノベーション事例】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!
リノベーション後の外観の様子。リノベーションで新しく生まれ変わった築45年の住宅。家の中だけでなく外にも目を向けると、更に素晴らしい我が家に。

築45年の木造住宅をリノベーションし、新築以上の素晴らしい住まいに生まれ変わった事例をご紹介します。リノベというと家の中ばかりに目がいきがちですが、今回はエクステリア空間も一新。バルコニーとリウッドデッキのリフォームの工夫で、更に快適に、そしておしゃれな外観デザインの住まいへと生まれ変わりました。

築古住宅もリノベーション次第で新築以上の価値が生まれる!

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト 『信州 小諸の家』
リノベーション前の様子。築45年の2階建て木造住宅。便利な立地にあり、リノベーションならその利便性はそのままに、理想の家づくりが可能です。

築古住宅もリノベーション次第で、新築以上の素晴らしい家づくりができる時代です。

例えば中古住宅の購入+リノベーションなら、新築に比べてリーズナブルに、理想の家づくりが可能です。また築年数が経った家に住み続けたい場合も、リノベーションなら住み慣れた場所に快適な終の棲家が作れます。

ただし気になるのが、リノベーションで本当に快適な家になるかということ。築年数が古い家は、間取りや設備が古く、また断熱や耐震などの住宅性能にも不安があります。

暮らしの快適性や安全性は、住宅の性能によって大きく左右され、築年数が古い家はその性能が低いことが多いのが弱点です。しかし性能は目に見えにくいため、住んでみないと分からないことも。見た目だけキレイにするリノベーションでは、快適とは言えないことが少なくないのです。

今回ご紹介する物件は、YKK APが全国の事業者と共に取り組んでいる「戸建て性能向上リノベーション実証プロジェクト」の中から、住宅性能、間取り、設備、そしてデザインに至るまで、理想の家づくりを実現したリノベーション事例です。

「戸建て性能向上リノベーション実証プロジェクト」のコンセプトは、古くなった建物に新築以上の価値を与えるというもの。建物だけなく、エクステリア空間のリノベーションも行うことで、更におしゃれで快適な住まいに生まれ変わりました。

築45年の木造住宅が、断熱と耐震性能の向上で快適で安全な住まいに

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

戸建性能向上リノベーション実証プロジェクト 『信州 小諸の家』
リノベーション前の1階部分の間取り。キッチンは北側にあり冬は寒く、和室が多い間取りのため今の時代には暮らしにくいのが悩みでした。

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

リノベーション前の2階部分の間取り。4人家族で暮らすには部屋数が不足している上収納もありません。

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

リノベーション後の1階部分の間取りです。キッチンは明るい南側へ移動。玄関を元のキッチンの位置に移動させることでリビングの面積を広げ、明るく開放感があるLDKに。

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

リノベーション後の2階部分の間取り。1部屋を増築し、家族が増えても安心して暮らせる家に。収納も各部屋にたっぷりと計画しました。

まずは間取りの変化から見てみましょう。リノベーション前は北側にキッチンが独立していて、収納は少なく、また和室が多いなど今の時代を暮らすには不便が多い古い間取りでした。

そこで玄関の位置を南側から東側に移動、キッチンも南へ移動させることで、日当たりの良い南面にLDKを配置、明るく広々とした空間に生まれ変わりました。2階は家族が増えた時のために1部屋を増築、各部屋にはたっぷりと収納を計画するなど、これからの時代を暮らすのに快適な間取りになっています。

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

リノベーション前のキッチンの様子。北側に独立していて、断熱性能が低いために冬はとても冷えます。

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

リノベーション後のLDKの様子。南側を広々としたリビングに。大開口の窓サッシが取り付けられているので明るく開放感があります。

快適、また安全に暮らすために欠かせない性能向上もしっかり行われています。こちらの住宅は築45年、古い性能基準に沿って建てられているため、耐震や断熱性能がかなり低い状態にありました。そこでこれらの性能の向上を行ない、一般的な新築の性能以上にまで引き上げています。

特に室内の快適性を大きく左右する窓には、高い断熱性能を持つアルミ樹脂複合構造を持つサッシと、高性能トリプルガラスを採用。大きな窓を取り付けたリビングもとても快適になりました。

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

リノベーション後のLDK。南に面した大きな窓サッシは高い断熱性能を持っているので、室内はとても快適です。

バルコニーとリウッドデッキもリフォームし、外観をトータルでコーディネート

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

リノベーション後の外観の様子。木目調のバルコニーとリウッドデッキが、チャコールグレーの外壁に映えてとてもおしゃれ。ナチュラルモダンな雰囲気に。

リノベーションと言うと、家の中ばかりに目がいきがちですが、今回はエクステリア空間もリノベーションし、バルコニーとリウッドデッキをリフォームすることで、更に快適にそして美しい外観の家に生まれ変わりました。

目を引くのが、木目調のバルコニーとリウッドデッキです。バルコニーは長野の自然に溶け込むようにと落ち着いた木目調を選び、同系色でコーディネートしたリウッドデッキと共に、チャコールグレーのモダンな外壁に美しく映えています。

リウッドデッキはリビングに隣接させてアウトドアリビングに。先ほどの大開口の窓を開けるとそのまま表に出て、気持ちのいい時間が過ごせます。このリウッドデッキは木粉とプラスチックを主原料とし、耐久性に優れた素材で作られているので、メンテナンスもとても楽にできます。

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

リノベーション後の外観の様子。リノベーションで新しく生まれ変わった築45年の住宅。家の中だけでなく外にも目を向けると、更に素晴らしい我が家に。

築年数が経った住宅もリノベーション次第で、素晴らしい我が家にすることができます。その際には、家の中はもちろん、バルコニーやリウッドデッキなど、家の外にも目を向けて、さらに快適でおしゃれな我が家にしてくださいね。

※リウッドは再生木・人工木・樹脂木などとも呼ばれます。YKK APでは「リウッド」と表記しています。

  • 所在地:長野県小諸市
  • 敷地面積:268.73㎡(81.29坪)
  • 延床面積:94.01㎡(28.43坪)
  • 構造:木造在来軸組工法 2階建
  • 既存建築年月:昭和49年〈築45年〉
  • 改修竣工年月:令和2年3月
  • 事業主・設計・施工:株式会社リューケンハイム

 

 

著者プロフィール

【築45年の住宅リノベーション】エクステリアも含めトータルでリフォーム、新築以上の理想の家に!|エクステリア施工事例No.7

Yuu(尾間紫)
一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター/マンションリフォームマネジャー

長年リフォーム業界の第一線で、数多くの住宅リフォームの相談、プラン設計、工事に携わってきた経験から、本当に価値あるリフォームについて皆さまにお話します。過去を繕うものではなく、未来の暮らしを創る「リライフのリフォーム」を提唱。実践的なリフォームのノウハウを、テレビや雑誌、新聞連載、講演などを通して発信中です。著書に『リフォームはこうしてやりなさい(ダイヤモンド社)』など。Webサイト「リフォームのホント・裏話」(http://www.ne.jp/asahi/net/rehome/)でリフォームの実践的なノウハウを公開中