玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン

玄関前のカーポートの設置で悩んでいる人は多いことでしょう。今回は、道路から、家の中から、どこから見てもおしゃれ!家をさらに引き立てる、我が家の顔に相応しい玄関前のカーポートを作った外構リフォームの事例を、ビフォーアフターでご紹介します。

玄関前のカーポートの悩み。おしゃれで使いやすい外構デザインを目指す

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

リフォーム前
少し殺風景な印象がある玄関前の駐車スペース。カーポートのデザイン次第で、家全体の印象が大きく変わります。

玄関前のカーポートは、まさに家の顔となる部分。どんなプランにするか、どの商品を選ぶかによって家全体の印象が大きく変わります。

しかし、玄関前にカーポートを取り付けるプランは、敷地に余裕が無い場合が多いため、通行の邪魔になったり、目立つ位置にあるので家のデザインとちぐはぐな印象になってしまったり。機能とデザインを両立させる必要があるため、悩んでいる人が多いのです。

今回、そんな難しいリフォームを成功させたのが、宮城県にお住まいのK様です。こちらの写真はリフォーム前の様子です。K様は建売り住宅を購入され、外構はそのままの状態にありました。

ポストや表札を取り付ける門袖(もんそで)や、カーポートは無く、コンクリートを打っただけのスペースのため、家の顔としては少し殺風景な印象です。またバス通りに面した立地なので、道路から家の中が丸見えになってしまうことも気になっていました。

そこで、それらの悩みを解決するために声を掛けたのが、お庭と外構の専門店「株式会社グリーンケア」です。K様の要望は、玄関前の敷地にカーポートを設置したい、自然素材を使いたい、とにかくかっこよくして照明もこだわりたい、リビングの目隠しをしたいといったもの。

また完全にオープンなエントランスのため、道路境界線があいまいになり、知らない人が敷地に入り込みやすいなど防犯面が気になるという人も少なくありません。

グリーンケアの担当である鈴木さんはK様の話を聞くうちに、これらの多岐にわたる要望やイメージをカタチにするためには、現地で実際に感じること、例えば通りから家の中がどんな風に見えるのか、また玄関ドアを開けた瞬間、家の中からどんな風景が見えるのか、帰宅時や外出時に歩く経路はどうか、などを実際に体感し、共有することが重要であると考えたそうです。

そして現地での親身な詳細調査と、K様の心を捉える素晴らしい提案によって、今回の外構リフォームが実現したのです。

限られた敷地だからこその綿密な計画、どこから見ても美しいデザインへのこだわり

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

プレゼンテーション
玄関前のカーポートのイメージ画像。3DCGで作成。門袖や植栽、目隠しフェンスなどもトータルでデザイン、計画されています。

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

プレゼンテーション
立体感のある自然石張りの高級感がある門袖。カーポートの柱がアーチゲートのよう。まさに家の顔に相応しい豪華なしつらえです。

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

プレゼンテーション
雨の日もカーポートからスムーズに玄関に入れるように計画しました。階段の上り口の床には雪が溶けやすいよう自然石張りにして、手すりも取り付けて安全に。

鈴木さんがこだわったのは、家の外観をさらに引き立てるデザインであること、玄関の出入りがスムーズにできるよう機能面でのさらなる向上、そして長期的に使用するための安全性です。

特に気を使ったのが、カーポートの梁の高さ。玄関ドアやリビングの掃き出しサッシがきれいに見えるように、また2階の窓からじゃまにならないように、そして家全体を見た時にバランスよく見えるように、最大限の配慮をしています。

また外構リフォームで問題になりがちなのが、地面の下に通っている既存の桝や配管です。これらを上手くかわしつつ、車の乗り下りや玄関の出入りに邪魔にならないよう、カーポートの梁を延長。柱は敷地の端に寄せるなど、無駄が許されない限られた敷地だからこその、綿密な計画が立てられました。

家をさらに引き立てる外構プラン、家の顔に相応しいワイドスパンのカーポート

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

リフォーム後
大きな梁がワイドスパンのカーポートをしっかり支えています。家のデザインと美しく一体化し、家の顔として相応しい重厚さと高級感があります。

それではリフォーム後の様子を詳しく見ていきましょう。選んだカーポートは、シンプルモダンな家の外観に合わせた、モダンを引き立てるデザインのYKK APの「エフルージュ」50ツインタイプです。雪が降る地域のため、積雪50㎝まで対応できるタイプを選び、またプラチナステンのカラーにキャラメルチークのアクセントラインを入れることで、家のデザインと美しく調和させています。

また、限られた敷地スペースを最大限に活かすために、カーポートの梁は敷地の幅いっぱいまで延長し、柱を敷地の両側に寄せることで、車の出し入れや家の出入りがスムーズにできるよう配慮されています。

今回の外構リフォームでは、カーポートだけでなくフェンスなどもYKK APの製品で統一されています。選んだキッカケはK様の家の玄関ドアがYKK APの製品で、木目のコーディネートがしやすいことだったそうですが、加えてカーポートの梁延長がしやすいなど部材の汎用製が高く、また全体のデザインの統合性が図りやすいなど、計画には欠かせない製品だったためだそうです。

カーポートの太い梁は、屋根を支えているだけでなく、エントランスのアーチゲートとしての存在感があり、まさに家の顔に相応しい重厚さと高級感があります。またカーポートの存在によって、敷地が明確化し、道路との境界線が分かりやすくなりました。

カーポートの屋根は玄関のそばまで延びているので、雨の日の車の乗り下りや玄関までの移動もラクラク。デザインの素晴らしさはもちろん、毎日の暮らしがより便利に、快適になるよう、隅々まで計算しつくされたリフォームです。

モダン+ナチュラル、さりげなく自然素材を取り入れた門袖とアプローチ

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

リフォーム後
自然素材を使った門袖まわり。目隠しのフェンスはYKK APルシアスフェンスの木調デザイン、色はプラチナステン+キャラメルチークを選び、カーポートとコーディネートしながらナチュラル感をプラス。

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

リフォーム後
門袖脇のフェンスは、YKK AP「ルシアスフェンス」のLite、色はカーポートと同色のプラチナステン。見通しと風通しがいい明るい玄関まわりになりました。

こちらはポストや表札を取り付けた門袖まわりの様子です。門袖は、玄関アプローチの印象を決める重要な存在ですから、品質やデザインにこだわりたいもの。

門袖には自然石を貼り、足元にはピンコロ石で縁取った花壇を。モダンな印象が強く、どちらかというと殺風景な印象があった玄関まわりに温もりを加えました。自然石は立体感があり、夜に照明がついてライトアップされると、その陰影の美しさがさらに増します。

リビング窓の前に取り付けられた目隠しのフェンスは、YKK APの「ルシアスフェンス」の木調デザイン、色はプラチナステン+キャラメルチークの組み合わせ。洗練された中にも柔らかな印象を持つナチュラルモダンな外観を作り出しています。

門袖の脇に取り付けた隣地との境界フェンスも、「ルシアスフェンス」のLiteです。色はカーポートと同色のプラチナステンを選び、デザインの統一感を図りながら、見通しと風通しがよく明るい玄関まわりになりました。

また、自然石は蓄熱しやすく積もった雪が溶けやすい傾向があるため、階段の上り口の床面には自然石を張り、階段には手すりを取り付けるなど、毎日の暮らしの安全性も配慮されています。

ウッドデッキとフェンスの取り付けリフォームで、安心してくつろげる住まいに

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

プレゼンテーション画像から
リビング前にはウッドデッキを取り付け。目隠しフェンスのおかげで、掃き出し窓を開け放ってくつろぎのひと時を過ごせるスペースになりました。

リビングの前にはウッドデッキを取り付け、小さな庭ができました。限られた敷地だからこそ、このようなスペースがとても嬉しいもの。

こちらはYKK APの「リウッドデッキ」200です。「リウッドデッキ」は木粉とプラスチックを主原料としているので、お手入れが楽なうえ、木の風合いを感じさせてくれる製品です。

これまでは視線が気になって窓を開けるのにも気を使い、また窓を開けたらすぐに車とコンクリートの床で落ち着きませんでしたが、目隠しフェンスとウッドデッキを取り付けたことで、まるでリビングの続き間のようなくつろぎのスペースが生まれました。

外構に照明を取り付け、さりげないライトアップで夜の姿が大のお気に入りに

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

リフォーム後
K様お気に入りの夜の風景。夜に家に帰宅した時、こんな素敵な我が家が出迎えてくれたら、1日の疲れも吹き飛びそうです。

夜になるとアプローチライトが門袖を浮かび上がらせ、カーポートの梁に取り付けられた照明によるさりげないライトアップがとてもおしゃれ。昼間とはまた違った風景が生まれます。敷地を明るくしておくことで防犯にも効果があります。

K様は、特にこの夜の風景を気に入られているとのこと。夜に疲れて帰宅した際も、こんな素敵な我が家が出迎えてくれたら、疲れが一気に吹き飛びそうですね。

玄関前のカーポートは、車を守り、出入りがしやすいといったことだけでなく、家の顔としてのデザイン性の高さや、さらに家を引き立ててくれる存在感や高級感があるかなど、様々な視点からのアプローチが必要です。それらの全てを兼ね備えた、外構リフォームのお手本のような事例です。

物件データ・採用商品

◆このリフォームを行なったのは

株式会社グリーンケア https://www.green-care.jp/

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

グリーンケア展示場

お庭と外構の専門店。お客様が求める新しい庭づくり、アウトドアリビングの提案と施工にも定評がある。新築からリフォームまで様々なエクステリア工事を手掛けている。豊富な施工実績と提案アイデアにより、様々なエクステリアコンテストで受賞多数。

担当者よりひとこと:エクステリア&ガーデン専門店としての提案を心掛けております。小さなお子様連れお客様の場合、ご予約を頂ければ、お打合せの際にベビーシッターさんにお子様の対応をお願いできますので、ゆっくり、そして安心してお打合せができます。

◆物件データ

  • 建物種別:一戸建て
  • 築年数 :2年
  • 工事種別:リフォーム
  • 工事期間:約25日

◆採用商品

  • カーポート:YKK AP「エフルージュ」 ツイン50
  • 隣地境界フェンス:YKK AP「ルシアス」 フェンスLite02型
  • リビング前フェンス:YKK AP「ルシアス」 フェンスF04型
  • ウッドデッキ:YKK AP「リウッドデッキ200」
  • 裏庭フェンス:YKK AP「イーネット」フェンスF3型

 

 

著者プロフィール

玄関前のカーポートがこんなにおしゃれに!我が家を更にステキに見せる外構プラン|エクステリアリフォーム事例No.3

Yuu(尾間紫)
一級建築士/インテリアプランナー/インテリアコーディネーター/マンションリフォームマネジャー

長年リフォーム業界の第一線で、数多くの住宅リフォームの相談、プラン設計、工事に携わってきた経験から、本当に価値あるリフォームについて皆さまにお話します。過去を繕うものではなく、未来の暮らしを創る「リライフのリフォーム」を提唱。実践的なリフォームのノウハウを、テレビや雑誌、新聞連載、講演などを通して発信中です。著書に『リフォームはこうしてやりなさい(ダイヤモンド社)』など。Webサイト「リフォームのホント・裏話」(http://www.ne.jp/asahi/net/rehome/)でリフォームの実践的なノウハウを公開中