「庭のある暮らし」を楽しむ

家を新築するとき、建物以外のスペースについては、どのように考えればいいでしょうか? 庭の役割と、後悔しない庭の作り方についてご紹介します。

庭の役割・用途って?

敷地のうち、庭、すなわち建物以外のスペースにはさまざまな役割や用途があります。

生活のためのスペース

  • 駐車スペース
  • 玄関アプローチ
  • 洗濯物を干したり荷物収納をする

など

憩いのためのスペース

  • 木や石、池などを配して鑑賞する
  • ガーデニングや家庭菜園を楽しむ
  • 子どもが遊ぶ
  • ペットが運動をする
  • バーベキューや日曜大工など趣味を楽しむ

など

このほか、通風や採光など庭の大切な役割のひとつです。

狭い土地でも庭は作れる

このうち、生活のためのスペースは優先されがちですが、敷地が狭い場合などは憩いのためのスペースはどうしても希望通りにいかないこともあります。

とはいえ、庭は理想の暮らしを実現するための重要な要素のひとつ。狭い敷地でも工夫をすれば、快適な空間を作ることができます。

たとえば、門扉の脇に小さな植栽スペースを設ける、家の外壁や塀に設置できるフラワーボックスに季節の草花を植える、玄関脇から敷地裏への通路をウッドデッキにして子どもやペットが遊べる空間にするなど。土地の形状と建物のレイアウトに応じて、さまざまな可能性があります。

庭はいつ作ればいい?

新築時はいろいろと予算がかさむため、庭を含めたエクステリアはどうしても後回しになってしまいがちですが、土地が狭い場合や、庭でやりたいことがいろいろある場合は、できれば建物と一緒に計画を立てると希望が叶いやすくなります。

たとえば、洗濯物干しスペースを2階に設ければ、その分を広いウッドデッキが設置できるかもしれません、逆に、屋根の形を工夫してバーベキューができる屋上をつくってもいいでしょう。

そこまで大がかりな計画が必要でない場合も、なんとなく庭はこんな風に使いたいというイメージをはっきりさせておけば、外構工事の際に基礎工事だけすませておくなど、効率的に庭づくりを進めていくことができます。

庭について考えるなら

YKK APでは、庭づくりについてさまざまな提案をすることができます。

新築をお考えの方も、現在の庭のリフォームを考えている方も、一度ショールームへ相談に行かれてみてはいかがでしょうか。