雨仕様の家なら梅雨の時期でも快適に過ごせる!

梅雨や秋の台風シーズンなど、長期間雨が続く季節にはどうしても憂鬱な気分になりがちです。外出もおっくうだし、洗濯物は乾かないし……そんなお悩みも、雨仕様の家なら解決します。

玄関にひさしをつければ雨の日のお出かけも嫌じゃない

雨の日のお出かけ、玄関を開けると、風にあおられて雨がざっと吹き付けてくる……それだけで出かけたくなくなりますよね。

帰ってきたときも、玄関前で鍵を取り出そうとバッグを探っているんだけど、傘が邪魔で……疲れも倍増してしまいます。

玄関にひさしがあれば、ゆっくりと落ち着いて出かけられますし、帰宅したら傘をたたんで家に入ることができます。

家の外観や玄関ドアに合ったデザインを選んでコーディネートすれば、よいアクセントにもなりますね。

>>ひさしがあれば、傘をたたんで「ただいま」が言える

大切な愛車を雨による汚れやダメージから守りたい

雨が苦手なのは人間だけではありません。

屋根のない駐車スペースにある車は、汚れがつきやすくなります。また、雨に混じっている小石やほこりが傷のもととなったり、雨の成分は塗装をはがれやすくしてしまいます。

大切な家族を乗せて走ってくれる車も、雨から守ってあげませんか?

柱と屋根だけでできたカーポートなら、短時間で設置でき、費用も安価。強風対策に適した製品を選べば、台風の多い地域でも安心です。

>>デザインいろいろ。あなたの家にぴったりのカーポートはどれ?

主婦の悩みNO.1。洗濯物が乾かない悩みからも解放!

洗濯物が乾かないのも、長雨の時期の大きな悩みです。

室内干しはニオイが気になるし、ただでさえジメジメしている室内の湿度をさらに上げてしまうことに、うんざり……。

テラスやバルコニーに囲いをつけて洗濯物干し場にすれば、雨の日でも洗濯物が早く乾きます。

朝から雨が降っている時はもちろん、雲行きが怪しいけれども外出の予定がある、というような時でも、安心して干して出かけられます。

エアルーバーからの風が循環して洗濯物が早く乾く

YKK APの「サンフィールⅢ」体式バルコニー囲いなら、雨に濡れないだけでなく、エアルーバーからの風が循環して、室内干しよりも洗濯物が乾きやすくなります。

室内側の窓を締めれば、部屋の湿度が高くなることもありません。

家を雨仕様にすれば、長雨のストレスも解消されるはず! 次の雨の季節に備えて、対策を始めてみませんか?